3カ月で5万円稼いだWebライターが、初心者からの始め方を紹介

皆さまは、Webライターにはどのような印象をお持ちですか?

コマッタちゃん

Webライターは、文字を打つだけだから稼げない印象

コマッタちゃん

Webライターは、頭が良い人しかできない印象

このような印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

結論から言います。Webライターは、継続すれば稼げる職業でもあり、誰でも始められる職業です!

今回は、全くの未経験者であった私が、Webライターを始めて3カ月で5万円稼げるようになった方法を紹介します。

この記事を読んだら分かること

  • Webライターについて
  • Webライターの仕事内容
  • WEBライターでお金を稼ぐまでの流れ
スポンサーリンク
目次

Webライターとは

カフェでパソコン作業をしている女性

Webライターとは、ネット上で記事を書く人を言います。そして、企業や個人から執筆依頼を受け、指定されたテーマに沿って記事を書くと報酬がもらえる仕組みです。

分からない事や知りたい事があった場合には、ネットで検索して調べますよね!

ネットで検索すると、多くのブログやサイトが出てきますが、あれは全てWebライターさんが書いた記事です!

このように、人の悩みを解決するために記事を書くのがWebライターの役目と言えるでしょう。

イシコロ

Webライターは、人の役に立つ仕事なのです!

Webライターは未経験でもできる仕事

Webライターは未経験でもできる仕事です。

どの職業でも、最初は未経験からスタートしますよね!Webライターも同じです!

現在、Webライターとして活躍している人たちの大半が、完全未経験からスタートしているので安心してください!

イシコロ

私もWebライターを全く知らずに、なんとなく始めてみました(笑)

Webライターは頭が良くなくてもできる仕事

高卒時代の成績が良くなかった私でも、3カ月という短い期間で5万円を稼ぐことができたので、頭が良くなくてもWebライターはできると言えるでしょう。

たしかに、Webライターを始めた頃は言葉の使い方や表現に戸惑いましたが、文章を書いていくうちに徐々に覚えていきました。

ですので、Webライターは、頭の良さではなく、慣れだと思っています!

イシコロ

私も、まだまだ勉強中です苦笑

Webライターの仕事内容

パソコンで勉強している女性

始めたばかりのWebライターは、今から説明する3ステップを知っておけば問題はありません。

その他の細かいことは、実践を通じて少しずつ学んでいきましょう!

仕事の流れ
  • ステップ1:記事のテーマとなる検索キーワードを決める
  • ステップ2:文章の構成を考える
  • ステップ3:文章を調べながら書く

ステップ1:記事のテーマとなる検索キーワードを決める

実際に記事を書く前に、検索キーワードを決める必要があります。

検索キーワードとは、読者がGoogleで検索する単語のことです。

検索キーワードを決めないと、どんな悩みを抱えている人に書く記事なのか決められません。そのため、最初に検索キーワードを決める必要があるのです。

イシコロ

検索キーワードは、ほとんどの場合で記事を依頼してくれるクライアント側で指定してくれます!

ステップ2:文章の構成を考える

どんな人に向けて記事を書くのかを決めたら、次は文章の構成を考えましょう。

文章の構成とは、タイトル見出しのことです。

たとえば、「仕事 大変」と検索する人に向けて記事を書くとします。

タイトル:仕事が大変な理由とは?仕事が楽になる方法を紹介! ←この部分

見出し:仕事が大変な理由とは ←この部分
~~~~~~~
~~~~~~~
~~~~~~~
見出し:仕事を楽にする方法とは ←この部分
~~~~~~~
~~~~~~~
~~~~~~~
見出し:まとめ ←この部分
~~~~~~~
~~~~~~~
~~~~~~~

上記のように、本で例えると目次に書かれている内容「←この部分」を、文章を書く前に決めます。

イシコロ

クライアントによっては、記事構成が事前に用意してあります!

ステップ3:文章を調べながら書く

記事構成が作成できたら、最後に文章を加えて肉付けします。

記事のテーマによっては、自分の知らない知識を執筆する機会もあるでしょう。

しかし、安心してください。便利なインターネットで、知らない知識でも調べればいくらでも入手できます!

ここで注意すべきポイントは、ネット上にある記事をコピペしてはいけないということです。同じ内容の記事だからといってコピペして使用すると、著作権法という法律に違反してしまうため絶対にやめましょう。

※どうしてもコピーして利用したい場合は「引用」というやり方もありますが、ライターに慣れてきてから覚えていきましょう

コマッタちゃん

まずは、文章を自分の力で書くことが大切なんですね!

始めてのWebライターがお金を稼ぐまでの流れ

パソコンでお金を稼ぐ女性

Webライター未経験の私が、どのような流れで毎月5万円稼げるようになったのか詳しく解説します。

Webライターがお金を稼ぐまでの流れ
  • ステップ1:ライティング用のパソコンやタブレットを用意する
  • ステップ2:ライティングルールについて少し勉強してみる
  • ステップ3:ブログを開設してみる
  • ステップ4:クラウドソーシングに登録してみる
  • ステップ5:仕事に応募してみる
  • ステップ6:実際にライターでお金を稼ぐ
イシコロ

5万円稼いでいた時の時給は約2,000円でした!

ステップ1:ライティング用のパソコンやタブレットを用意する

Webライターをするには、パソコンやタブレットが必要だと言えるでしょう。また、タブレットであればキーボードも一緒に購入しておくことをオススメします。

なぜなら、キーボードがあるとタイピング速度が上がり、執筆時間を短縮できるからです。

スマホでWebライターをしている人もいますが、文章の入力が遅くなるのでオススメできません。

パソコンやタブレットのスペックは、低いもので問題ないです。文字を入力でき、ネット検索ができれば大丈夫でしょう。

私が使用しているのは、2018年にLenovoで販売されたCore i5の中古ノートパソコンです。現在も使用していますが、満足しています。(たまに再起動されます。)

イシコロ

私もPC選びにとても悩みましたが、もう少し気楽に考えれば良かったです。PCの価格は5万円ほどでした!

ステップ2:ライティングルールについて軽く勉強してみる

ライティングルールは焦って勉強しなくても、クライアント側からライティングルールを見せてもらえるケースが多いので、徐々に覚えていけば大丈夫です。

ただ、文章の書き方を学びために一冊でも本を読んでおくと、基礎を理解できます!ちなみに、私が読んだ本は「沈黙のWebライティング」です。

この本を選んだ理由は、YouTubeやネット上で評判が良かったからです。

実際に読んでみた感想ですが、全体が漫画みたいな内容で初心者の人でも分かりやすく学べると思いました!

イシコロ

勉強にお金をかけたくない人は、YouTubeなどでライティングルールを勉強しましょう!

ステップ3:ブログを開設してみる

ブログ開設は、してもしなくてもどちらでも大丈夫です。

私の場合は、WEBライターを始めた時期にブログも同時に開設したので、ステップ3として入れました。

ブログを開設した理由は、仕事を提案する際に自分を売り込める実績が一つ欲しかったからです。

ブログを作っておくことで、Webライターとして仕事を応募した時に採用される可能性が格段に上がります!

YouTubeでは、ブログ解説動画はたくさんあるので、意外と簡単に作成できます!

イシコロ

Webライタ―の仕事がなかなか見つからない人は、ブログを作成してみると良いかもしれません!

ステップ4:クラウドソーシングに登録してみる

Webライターで一番簡単にお金を稼ぐ方法は、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、仕事を手伝ってほしい人と仕事をしたい人のマッチングサイトです。クラウドソーシングでは、記事を書いてほしい企業や人がたくさんいるので、仕事が見つかりやすいと言えるでしょう。

下記の3つは、人気のクラウドソーシングサイトとなります!

クラウドワークスが個人的には、受注できる案件が多くて稼ぎやすい印象ですね。

イシコロ

どれも無料で利用できるので、Webライター初心者として登録しておくと、スムーズにお金が稼げます(^^)

ステップ5:仕事に応募してみる

良いなと思ったクラウドソーシングの登録が完了したら、実際に仕事に応募してみましょう!

ここで注意すべきポイントは、単価の低い案件に応募しないことです。Webライターの単価は文字単価で計算されるケースが多く、1文字当たり0.5円以下だと単価の低い案件と言えるでしょう。

文字単価0.5円以上の案件を継続的に受注できれば、毎月1万円は稼げるようになります。

イシコロ

勉強のためにということであれば、文字単価0.5円以下でも問題はありません!

ステップ6:実際にライターでお金を稼ぐ

クラウドソーシングに応募し採用されたら、クライアントの指示に従って記事を書くだけです。

先ほどもお伝えしたように、執筆ルールはクライアント側が提示してくれますので、その提示してくれた執筆ルールを参考に記事を書き進めれば問題はありません。

ポイントは、記事の書き方で分からない事があれば、すぐに担当者に聞くことです!

担当者からすると、分からない事はどんどん聞いてほしいと思っています。ですので、遠慮なく質問していきましょう!きっと親切に教えてくれますよ!

イシコロ

不明点を抱えたまま記事を完成させてしまうと、ディレクターの修正が大変になってしまうので、分からない事は何でも聞きましょう!

Webライターの始め方まとめ

Webライターは、誰でも簡単に始められる仕事です。

そして、執筆が苦痛ではないと感じられたら、私みたいに本業としてWebライターになれる可能性だってあります。

ただ、Webライターは簡単に始められる仕事だからこそ辞めていく人達も沢山います。

つまり、Webライターがあなたに合っている仕事なのかを見極めることが大切です。挑戦してみてストレスを感じるくらいなら、Webライターは向いてないでしょう。

行動することが一番大切なので、クラウドソーシングサイトでお金を稼ぎながらライターが自分に合っているのか考えてみると良いかもしれません。

有名クラウドソーシングサイト
周りに困っている人がいたらシェアしてみてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる